でっぱとポケモンしよ?

ただの出っ歯がポケモンを楽しむために作ったブログです。

【S6使用構築】最高2035最終19×× 悲劇のガルリザスタン

皆様お久しぶりです、でっぱです。

そして皆様、S6お疲れ様でした!

今回は、久しぶりにレート2000超えを達成した記念にシーズン6で使用した構築の構築記事を書きました。良かったら見ていって頂けると嬉しいです。

メインロムはTNでっぱ、サブロムはTNサクラで潜っていました。対戦して頂いた皆様、ありがとうございました!

 

それではパーティ解説に入ります。今回使用した並びはこちらになります。

 f:id:deppoke:20171110071513p:image

・構築経緯

以前から対面構築に興味があり、対面構築といえばガルミミガッサ!ということでこの3匹から構築を組み始めました。

しかし、今期は絶望的なまでにガルミミガッサの通りが悪く、全く勝てませんでした。

そこで、ガルミミガッサの3匹を「選出誘導兼裏選出枠」と割り切り、残り3匹をガルミミガッサが呼ぶポケモンに強い並びにする事をテーマに構築を練りました。

その中で見つけたポケモンが「メガリザードンY」でした。そして、対面構築、、メガリザY、、はくしゃくさんのやつや!!という事ではくしゃくさん調整のリザYを採用。

そして、Sを振っていないリザYをトリル下で動かせれば強いのではないかと考え、トリル要員兼ガルミミガッサで重いグロスマンダに強い駒としてポリゴン2を採用。

最後にリザYやポリ2と相性がよく、対面構築で重くなる受けループにそこそこ強く、ワンチャントリルアタッカーとしても動けそうで、何より意表の突ける剣舞ガルドを入れて構築が完成しました。

 

それでは個別解説に入ります。選出率は体感なので間違っている可能性があります。ご了承ください。

 

 

ガルーラ@ガルーラナイト

特性:肝っ玉→親子愛

性格:意地っ張り

努力値:H4 A252 S252

捨て身タックル/地震/冷凍パンチ/グロウパンチ

 

崩し兼補完枠としてのメガガルーラ

崩す為のグロ捨て身は確定で、残り2枠はグライオンランドロスボーマンダに抗える冷凍パンチ、ギルガルドヒードラン、ゲンガーに強く出られる地震を採用しました。

基本的に炎パンが必要な相手にはそもそもリザYの方を出すので思い切って炎パンは切りました。

というかこの構築ではほぼリザYを出していたのであまりガルーラは選出しませんでした。

ガルーラを選出した数少ない試合では3割くらいで不意打ちが欲しくて泣く場面に出くわしましたが、冷パンで凍らせてくれたり冷パンで凍らせてくれたりと、そこそこ活躍はしてくれました。

選出率6位

 

 

リザードン@リザードナイトY

特性:猛火→日照り

性格:控えめ

努力値:H252 B116 C132 D4 S4

大文字/ソーラービーム/目覚めるパワー氷/気合玉

 

荒らし兼トリルエース。

はくしゃくさん調整のリザyからSを削ってCに回しました。

メインウェポンの大文字、補完のソラビとめざ氷は確定で、残り1枠はヒードランバンギラスにワンチャンを残せる気合玉を採用しました。この技のおかげで勝った試合も多かったですが、この技のせいで寿命が2ヶ月くらい縮んだので諸説です。

ガルミミガッサで重いメタグロスギルガルドナットレイなどの鋼ポケモンに強く、ガルミミガッサを見ると100%出てくるゴツメギャラ、ゴツメランドなどのゴツメ持ちにも滅法強かったです。

さらに、耐久にガッツリ振っているので対面性能が高く、トリルが貼られていなくても充分な仕事ができました。

そしてトリルを貼った時の制圧力は凄まじく、ガルミミガッサを上からしばいてこようとする選出を大文字さえ当てれば上からしばき返しまくれます大文字さえ当てれば。

メガ進化するタイミングもそこそこ大事で、晴れターンをケチりたいときやカバルドンとの天候の取り合いに勝ちたい時はよくメガ進化をせずに動かしていました。

このポケモンが場に出ている時はとりあえず技が当たるように祈りまくってました。しかしかなり自覚もあり沢山技を当ててくれました。紛うことなく本構築のMVPです。

選出率1位

 

 

キノガッサ@気合の襷

特性:テクニシャン

性格:陽気

努力値:A252 B4 S252

タネマシンガン/マッハパンチ/岩石封じ/キノコの胞子

 

テンプレ襷ガッサ。技構成について特に語ることはありません。

この構築は相手のガッサが重いので、ガッサに勝てる調整のガッサにすることも考えましたが、そうすると最速を取れなくなりコケコゲンガーに弱くなるので普通の最速テンプレで採用しました。しかしもうマジで相手のガッサが重いのでガッサの調整は諸説です。

無難に強いですが、現環境ではガッサは対策されまくっており、動きづらさは否めませんでした。

特に16〜17帯には自慢のガッサ対策が蔓延しており、それに蹂躙され完敗する事が多かったので選出するのが怖かったです。防塵ゴーグルテッカグヤに今期だけで2回当たりました。知らない。

しかし最終日に思い切って「出せる!」と思った構築には積極的にこのポケモンを出していたらレートがどんどん上がったので、やはりガッサの強さは健在なんだなと感じました。

このポケモン、やる事は単純ではあるのですがそれ故に相手に行動を読まれやすく、使った当初は相手に全て行動を読まれてロクに動かせませんでした。しかし対戦を重ねるうちにだんだんきちんと通すことができるようになって来たので、このポケモンは使えば使うほど強くなるなあと感じました。

選出率3位

 

 

ポリゴン2@進化の輝石

特性:ダウンロード

性格:控え目

努力値:H252 C252 D4

トライアタック/シャドーボール/10万ボルト/トリックルーム

 

普通のトリルポリ2。

技構成は良くあるトリルトラアタシャドボをとりあえず確定して、残り1枠は相手の水ポケモンテッカグヤに刺さる10万にしましたが、攻撃技3枠はもう少し考えてみても良かったかもしれません。

この構築は相手の初手にグロス、ランド、コケコをめちゃくちゃ呼ぶので、コケコランドグロス入りにはとりあえずこのポケモンを初手に投げておけば高確率で勝手にCを上げてくれるので強かったです。

このポケモンの仕事は死に際にトリルを貼って少し荒らして退場、というものを想定していましたが、想像以上にこのポケモン自体のスペックが高く、しかも構築的に選出段階ではHCダウンロード型を警戒されないので、Cさえ上がれば相手のパーティを半壊させることもありました。

グロス対面、コケコ対面の初手でどの行動を選ぶかは諸説ですが、アイへ怯みと電気Zが怖いのでその対面は初手からトリルを貼ると決めていました。

トラアタで何度も状態異常を引いてくれた偉い子。

選出率5位

 

 

ミミッキュ@フェアリーZ

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

努力値:H164 A156 B188

じゃれつく/かげうち/挑発/剣の舞

 

ティアさん調整のABミミッキュ

相手に負荷を与える為のじゃれつく、かげうち、剣舞は確定で、残り1枠は低速サイクルに刺せてカバルドン相手にもワンチャンを残せる挑発を採用しました。

ギャラ、バシャに強い駒、行動保証のある駒としてとても重宝しました。

また、最近のボーマンダはHD恩返しの型が多かったので、皮かZが残っていればボーマンダにもそこそこ強く出られました。じゃれを外さなければ。

また、カバルドンクレセリアなどのミミッキュより遅い低速受けポケモン相手に挑発がよく刺さり、そういった相手は基本的に火力がないのでABミミッキュの耐久を活かして積みまくる動きが出来たのはとても強かったです。

3体目に置くミミッキュは最強。

選出率2位

 

ギルガルド@ゴーストZ

特性:バトルスイッチ

性格:意地っ張り

能力値:H204 C252 S52

シャドークロー/かげうち/聖なる剣/剣の舞

 

意表の突ける剣舞ギルガルド

リザy、ポリ2との補完として採用しましたが、「この並びだと剣舞ガルド読まれなくね?」と感じたので剣舞からの崩しを行える型を選びました。

主に受けループなどの低速サイクル相手に選出し、有利対面で舞って全抜きを目指します。

ガルーラの炎パン、ミミッキュのシャドクロを切ったせいでゲロ重になったナットレイを起点にできるのは偉かったです。

エアームドに対してこいつを投げてあげると、相手は「なぜか」ラッキーなどの特殊受けに引いてきてくれたので、そこで剣の舞を押せてれば勝ちでした。

しかし、このポケモンがいるせいでリザグロス軸と当たった時にグロスではなくリザが出てくるなど相手の選出が歪んだので、枠を変えるとしたらこのポケモンになると思います。

選出率4位

 

・選出

f:id:deppoke:20171110060514j:image

この構築では、上段にメガ枠、下段にZ枠、真ん中の段にそれ以外のポケモンを配置しており、基本的にはそれぞれの段から1匹ずつポケモンを選出していました。

しかし、ガッサやポリ2は刺さっていない構築にはとことん刺さらないので、そういった構築を引いた時は下段のZ枠2体を同時選出する事も多かったです。

この配置方法は選出画面で無駄に頭を使わないで済むようになるので頭の悪い人にオススメです。

 

・きついポケモン、並び

多すぎるので特にきついものだけ紹介します。

 

キノガッサ

キノガッサより速いポケモンがガルーラしかおらず、ガルーラも少し削れてしまうとマッパで縛られてしまうのでマジで無理でした。

 

ジャローダ

なんと構築にジャローダより早いポケモンがいません。麻痺ゲー4

 

HDポリゴン2

ポリ2はリザでゴリ押そうと考えていたので特防に努力値を振られているとキツかったです

 

ゴーストZミミッキュ

ミミッキュが来た時はフェアリーZである事を祈り続けてました

 

バレルドラン、ブルルドラン、ポリ2ドラン

個別のポケモンの名前は出しませんがあのポケモン次回作から幻にしてください

 

 

構築紹介は以上になります。ここからは後語りになります。

f:id:deppoke:20171110062248j:image

今シーズンは久しぶりにレート2000超えを達成できてとても嬉しかったです。

後述しますがUSMからはしばらくガチ対戦を離れてエンジョイ勢になると決めていたので、今期は頑張りたいという気持ちでレートに臨んでいました。対戦数もメインサブ合わせて900戦近くになりました。頑張った。

しかしまだまだ構築に満足は出来なかったので、もっと完成度の高い構築を作りたいな、とより強く感じるシーズンとなりました。

 

さて、私事ではありますが、僕は今大学3年生ということもあり、そろそろ就活に向けた準備をしなければならなくなりました。

さらに、今まで大学をサボりまくっていた事もあり単位がかなりやばいです。

さらに、ポケモンを始めてポケ垢に入り浸った結果リアルでのコミュ力が著しく低下しました。

そして、シーズン6の最中に彼女に振られました。

このような事情があり、単位取得、就活の準備、コミュ力のリハビリ、彼女作りなどリアルでの生活を頑張るためにUSMからはしばらくレーティングバトルからは離れようと思っています。

しかしポケモチベ自体はまだまだめちゃくちゃあるし、マジでレート2100に乗りたい気持ちしかないのでレートには必ず復帰します。できるだけUSM環境長く続いてくれ。

 

あと構築名に悲劇のガルリザスタンとか書いてるのはシーズン中に彼女に振られたからというだけの理由なので特に意味は無いです。シーズン中に彼女が出来てたら多分喜劇のガルリザスタンになってました。

 

 

 以上で記事の内容は終わりになります。ここまで読んで頂いてありがとうございました!

 

質問などあれば

@dep_pokemonまでお願いします!